トップ / 妊娠と歯科の事について

妊娠と歯科の事について

妊娠中は歯科に行こう

妊娠中の歯科での検診

妊娠中は歯科で検診を受けることがお勧めです。妊娠中は、ストレスにさらされており、唾液の量が減ることにより、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。検診を受けることによって、妊娠中に起こりやすいお口の中の症状に対処することができます。ホルモンバランスの変化やつわりや食生活のパターンの変化などで、歯肉炎や歯周炎になりやすくなったり、歯磨きが十分にできないということがあり、虫歯や歯周病の原因となるプラークが作られて、虫歯になりやすくなってしまいます。なるべく虫歯にならないためにも歯科検診を受けることが大切です。

医療機器

すぐに歯科で治療ができない場合

虫歯が痛くても歯科ですぐに治療を受けることができない場合は、応急処置をする必要があります。応急処置として、まず、急に痛みが出た場合は、市販の痛み止めを飲んで、痛い部分を冷やすと一時的に痛みが引きます。急に穴が開いてしまった場合には、食事後、物が詰まらないように綺麗にしておく必要があります。詰め物が取れてしまった場合は、戻さないで、容器に入れてもっていき、自分で接着剤などで付けたりしてはいけません。痛みが引いたりしても、応急処置なので、なるべく早めに歯科で治療をしてもらうことが必要です。

↑PAGE TOP