トップ / インプラントと保険制度

インプラントと保険制度

インプラントの仕組み

インプラントによる歯の治療とは

インプラントとは人工的に作られた歯根で、歯の根っこの部分を金属として代わりに使う治療を行います。自然的に抜けた歯の内部に存在している骨の部分に削って、人工的な歯根を埋め込む治療を施します。人工的な歯根を埋めた後に、義歯を埋めるインプラントの治療の流れになっています。抜けた歯などの特定の部分に治療を施して行く事が特徴で、治療の最中に他の正常な歯の部分を削る事がないです。あごにある部分の骨に埋め込んで、抜けないようにしっかりと治療が施されます。

医療機器

全部歯が抜けた時のインプラント

歯が全部抜けてしまった場合、インプラントで一本ずつ治療すると、時間も金額も高くなってしまいます。総入れ歯を使った場合、顎の骨が収縮すると、不安定になりやすくなり、外れてしまうというリスクがあります。治療する方法として、連結された維持装置に入れ歯を固定することで、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出したりするようなことを防止することができます。この方法の場合には、一本ずつインプラント治療するよりも金額も安く早く治療を終えることができます。

↑PAGE TOP